京都 廃車 買取

京都で廃車を高く売るならココだ!!

数々の名車を世に輩出してきたTOYOTA銘柄

 

セラはまったく生きてある

今となってはバブルカーっていうほうが通じるでしょう。当時デートカーというタイプがあり主にスポーツカーや2ドアクーペがそれに当てはまります。バブル期ということもあり、出せば売り払える時代で各クリエーターがふるって新車を量産していました。トヨタモデルで言えばセリカ、カレンがCEOチックでしょう。
そんな中、斬新なモデルが登場しました。その名もセラ。ビジュアルこそコンパクトなトヨタらしきシルエットのモデルでしたが、今でも殆ど見かけない、ガルウィングなのです。但し、バブル期の当時も販売台数は伸び悩み、バブルと共に消えていきました。。。

そのセラですが、今でもユーズドカー市場で時々お見掛け行う。その単価はというと。。。

よし、54万円だ!!5万4千円ではありません。54万円だ(笑)

平成5年式の割には程度は有難いモデルだ。ボディの故障やへこみはたまさか、塗装の退廃もなくしっかりしている。おまけに奇成果があるモデルですからこういう単価が付いたのでしょう。奇成果+水準OKは高値習得のつきものですね。

 

サイノスよりもCM

サイノス?今ひとつ人も多いのではないでしょうか?モデル名称は何だか聞いたことがあるがモデルが思い出せない。。。それもその筈、わずか5年間の営業日にちで産出終了したモデルだ。販売台数と支払い日にちは比例します。但し、こういうモデルは超有名なキーワードで未だにその謳い文句を毎日で使う人も多いのです。そう『友達以上恋人未満』当時アピールでバンバン流れ思春期だった私はスパイシー触れ込みでした。

こんなサイノスの今はコチラ↓

非常に物珍しいコンバーチブル!!また、現時点見てもフレッシュで何となくプジョー風のシルエットがウケるのではないでしょうか?セラほどではないですが、27万3千円と年式から言うと高額のマーケットですね。デートカーにもってこいのモデルではないでしょうか??

 

モデルも価格も現役

言わずと知れたトヨタの名車『スープラ RZ』ワイルドスピードでフェラーリをぶち抜いたのには爽快でした。何故廃盤となってい待ったのか。。。やはりトレンドでしょうか。。。立て直しの風説も絶えませんが、街中で走っているのを見ると思わず目が行ってしましますね。

こんな名車の今はココ↓

先ほどの2客席は比べると程度は悪いですね。但し、エンジンだけでも100万円以外すると言われているモデルですから、オリジナルイメージを記しつつ走行距離が少ないといったこれくらいの単価は余裕でイッちゃいます!!スープラはアメリカ、欧州も人気が高いモデルですから、国外へという輸出なるリスクは大きいですね。そのインパクトもあり、高値となってしまします。366万5千円。。。当時のニューモデル単価が約400万円でしたから、34万円しか値打落ちしてないことです笑顔しか出ません!!!

 

車種別オークション価格